『価格.com』で証券オンライントレード徹底比較!手数料は?注文方法は?

忘年会シーズン!ホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!

2006年11月01日

くりっく365とは?

Fxの取引には2種類あります。




1.公設市場で行われる取引所取引



2.業者との相対で行われる非取引所取引


くりっく365とは1のことを言います。
「くりっく365」とは、東京金融先物取引所が運営する公設市場の為替証拠金取引のことです。 2005年7月にスタートしてます。



ではいったいなにが違うのか。


一番大きな違いは税金です。

くりっく365では税金が申告分離課税であり、20%で固定です。さらに他の先物取引などと損益通算が可能です。もうひとつ、くりっく365では損失の繰越が3年間できます。


それに対して2のくりっく365以外の業者では総合課税(雑所得)に分類され、
給料と合算した額で税金が決まります。
・330万〜900万円未満  =20%
・900万〜1800万円未満 =30%
・1800万〜3000万円   =37%
*2007年から少し変わります。

ただし雑所得は20万以内なら申告する必要はありません。(実質無税)
損失繰越や損益通算はこちらではできません。


つまり税金面を見るならくりっく365のほうが圧倒的に有利ということです。

総合課税で有利になる場合としては、FXを本業でやっており年間+900万円以下ならいいかもしれませんね。税率20%で同じです。もちろん損失繰越とかないですがね。

なぜ有利になると書いたかといいますと、くりっく365は現在取り扱い通貨が少ないんです。そこがデメリットになりますかね。取り扱い通貨が増えればそれだけチャンスも広がりますしね。

ただ税金は大きいですからくりっく365は一度考えてみることをお薦めします。



unaのくりっく365でオススメの業者は

三貴商事のくりっく365




スターアセットのくりっく365




posted by una at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・倉庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28534051

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。