『価格.com』で証券オンライントレード徹底比較!手数料は?注文方法は?

忘年会シーズン!ホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!

2006年11月28日

テクニカル指標基礎

相場を判断、売買タイミングの判断、これらに使われるのがテクニカル分析とファンダメンタル分析です。

その中で今回はテクニカル分析についての説明です。



テクニカル分析には大きく分けて移動平均線などの相場のトレンドをつかむトレンド系の指標とRSI、ストキャスティクスなどの相場の目先の振幅をはかるオシレータ系指標の二つに分けられます。

今回はテクニカル分析の中でも一番よく使われる指標3種類の解説です。

トレンド系

・移動平均線

オシレータ系

・RSI
・ストキャスティクス

-----------------------------

・移動平均線
ある一定期間の為替レートの平均値を求めグラフでつないだものである。

一般的にMA5、MA25、MA75の平均線である。
MA5というのは日足の場合、直近5日の平均ということである。

移動平均線は為替レートが上昇、下落しはじめるとなだらかに移動平均線も上昇、下落していくため、相場が上昇トレンドであるか、下落トレンドであるか、その方向性を掴むことができる。

欠点は、過去の相場の動きを表しているため反応が遅いところ。

移動平均線は通常2本を組み合わせて判断することが多い。
例)MA5とMA25など

一般的な方法が「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」
短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上に抜いたポイントがゴールデンクロス。相場が上昇トレンドに転換した可能性が高く、今後相場は上がっていく可能性が高い。
逆に、短期の移動平均線が長期の移動平均線を上から下に抜いたポイントがデッドクロス。相場が下落トレンドに転換した可能性が高く、今後相場が下落する可能性が高い。

-----------------------------
・RSI(相対力指数)
逆張り系でよく活用される。
売られすぎ買われすぎという状態が一目でわかるオシレータ系の指標である。
0〜100%範囲で100%に近づくほど、為替レートは高値圏=買われすぎ、つまり売りと判断。
0%に近づくほど安値圏=売られすぎ、つまり買いと判断されている。

一般的に70%以上になると買われすぎで売りゾーン。
30%以下になると売られすぎで買いゾーン。

欠点。だましも多く70%以上が続くこともあるので注意が必要だ。

-----------------------------
・ストキャスティクス(スロー)
ファーストとスローがあるが、スローのがunaは使いやすいのでこちらをオススメしてます。ファーストのほうは動きが早くだましが多いため。

%DとSlow%Dの二本を使って、売買タイミングを見るものである。
こちらもRSIと同様逆張りでよく使われている。


70以上で%D線がSlow%Dを上から下に抜いたら売り
30以下で%D線がSlow%Dを下から上に抜いたら買い
と判断できる。
posted by una at 16:45| Comment(1) | TrackBack(0) | ・倉庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早々にリンクをはっていただき、ありがとうございました。こちらからのリンクもはらせていただきました。

最強投資ランキングへの登録もお願いできたらありがたいです。まだ開設したてですが、必ず満足していただけますよう今後ガンガンアクセスかけますので、登録者の少ない今のうちにぜひぜひよろしくお願いいたします。
http://rank-net.jp/investment/

今後ともよい交流ができればと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by アールグレイ@幸せ配達人 at 2006年11月29日 00:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28470961

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。